NHK『ニュースきん5時』で取り組みが紹介されました

NHKの夕方の番組『ニュースきん5時』のIPPOUというコーナーで弊社の取り組みが紹介されました。


高齢者住まい相談室こたつでは、日々、高齢者の方からの住まい相談を受けています。


高齢者の方の住まいの相談を受けていると、持家にひとりで住んでいる方が老人ホームなどの施設に移るという場面があります。


そのようなとき『持家をどうするか』という問題に直面することになります。


この問題を放置してしまうと社会問題化している『空き家』の問題につながっていきます。


私たちは、空き家となる前から所有者の方との話し合いを進めます。


売却するのか


賃貸物件としてどなたかに貸すのか


地域に開放したり、事業をしたい人に貸したりなどでご自宅を活用するのか


お元気な時から話し合うことで選択の幅が広がります。


これは、弊社の取り組み『活き家』の考え方でもあります。


この取り組みがNHKニュースきん5時で取り上げられました。